×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

グッズによる肩こり解消法

 肩こりを解消するためには道具も重要な役目を果たします。特に、よく使われているのに意外と知らない湿布の使い方や頭痛の解消で肩こりが改善される仕組みを利用した頭痛薬の使い方など肩の痛みを改善するグッズを正しく使った治し方を理解しましょう。

 肩こり解消に有効なマッサージチェアを選ぶには、種類や値段の違いや選ぶときのポイント、おすすめマッサージチェアの特徴を理解することが大事です。

 注目点は、上半身のマッサージ性能、マッサージできる範囲、マッサージの強さ、脚・足首のストレッチ、脚・座面のマッサージ、操作性、座り心地、価格と言ったポイントです。

最近はマッサージ機能の高さが注目され、そのニーズに応えるマッサージチェアの登場に、肩こり解消の期待も高まっています。

 湿布を選ぶ際は、温感湿布と冷感湿布の違い、肩が凝ったときに効果的なシップの種類や使い方、症状に合わせた貼り方やシップの作り方等を理解して利用しましょう。

成分の違いとして「温湿布」には温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシン。「冷湿布」には、冷たさを感じるメントールが配合されており、皮膚の『感覚』(心地良さ)に違いを出します。

「温湿布」も「冷湿布」も結果的には、皮膚の温度を下げる効果がありますが、温湿布のカプサイシンに関しては、皮膚から染み込んだ部分の毛細血管を拡張させ血流を増やし、貼って約90分経つと、皮膚の温度を2度くらい上げることがあるともいわれています。

よって、炎症を伴う痛みを抑えるには「温湿布」は適さないといえますが、実際肩こりには貼って気持ちいいと感じる方の湿布を貼ることで痛みを緩和できます。

家庭でも手軽に使いやすい低周波治療器を利用する際は、低周波治療器の特徴や効果的な使い方、自宅でできるお手入れ方法や注意点等について理解して使用しましょう!

低周波治療器は、筋肉に電気刺激を直接与えることで筋肉を動かし、凝り固まった周辺部分の血行を改善します。また、普段動かすことが少ない場所がこわばりやすいので、電気刺激で動かしてあげると、関節の動きもスムーズになり動かしやすくなります。筋肉が少ないだけでも肩こりの原因になりますので、自分で肩を回したりストレッチをするのが効果的です。しかし、なかなか時間が取れない、とか運動ができない状況の人の場合には、低周波で少しずつコリをほぐして血行を良くしてあげると改善効果も期待できます。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 よろず肩こり解消法 All rights reserved.
- テンプレートマジック -