×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

食習慣改善肩こり解消法

肩こりが軽作業等の外的な要因と悩みやストレス等の内的要因が原因であることからも分かるように、体内環境を整えることも肩こりの予防・解消に効果的な方法となります。特に、食事療法は肩こり解消に併せてその他の病気を予防する上でも重要な方法となります。

 肩こりの人の食事は、全体的に塩分はほぼ中庸か、やや薄めにします。また夜食はとらないようにし、1口少なくとも50回以上噛むように心がけるといいでしょう。

 また、肩こりの人は、食べ物の量にも気を配る必要があります。肩こりの人は、小食にすることが必要です。1〜2週間、1日1食にするか、または食べ物の分量を半分に減らすことが効果的です。

 さらに、肩こりの人は飲み物にも注意する必要があります。飲み物は標準食に従って、刺激性のないもの(例えば、茎茶、麦茶、玄米茶など)にして、水分の取りすぎには注意しましょう。

 肩が凝る原因には鉄欠乏性貧血や冷え性が深く関係しています。そこで、貧血や冷え性を改善する食品を摂り入れるようにしましょう。鉄は吸収率が低い栄養素です。ビタミンCを一緒にとると吸収率がよくなり、カルシウム、食物繊維、コーヒー、紅茶、緑茶などと摂ると吸収率が悪くなります。

 これらの食事や飲み物に気を使う食事療法で、肩こりの症状は十分緩和することができます。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 よろず肩こり解消法 All rights reserved.
- テンプレートマジック -